Home

従兄弟の形見のキットの中にタミヤの1/32の零戦52型があったので、お願いして入手した。
このキットは発売予定日を過ぎても発売されず、噂ではカウリングの形状に田宮 俊作(当時は社長)さんが納得せず、作り直しを命じたという。
後日ホビーショーでお会いしたときに真相を聞いてみたが、やはり作り直させたとおっしゃっていた。 噂は事実であった..。
ちょうどこのキットを作成していた時に撮っていた画像がパソコンの不具合で全て消失してしまい、わずかに残っていたブログから掲載したものが一部ある。
データのバックアップはこまめに取得しないといけないと言うのを痛感した次第。
製作にあたり使用した資料は 月刊モデルアート誌、航空ファン世界の傑作機、丸メカニック、エアロディティール7、戦う零戦他である。

I asked my relative that I want to get this TAMIYA 1/32 ZERO Type52 from my cousin's model kits of mementoes and got it.

TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52

防火壁と滑油タンク。皮製のバンドの上に金属製のバンドの様なので茶色と金属色でバンドを塗装。タンク本体はRLMグレー+茶で塗装。
計器盤は迷う事無く機体内部色メインで資料などを参考に塗装した。コクピット周りも同様である。

TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52

エンジンの工作ではプッシュロッド数本を折損してしまい真鍮線と真鍮パイプで修復した。
シリンダーヘッド上面には何もモールドが無いのでリベット工具でボルトの頭らしきものを表現したが失敗もあった。
結局後日新橋のタミヤ・ファクトリーへ立ち寄った時にパーツを購入した。

TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52

カウリングはエアブラシで塗装したため筆塗りと比べてつや消し具合がきつい。この後やわらかい布を用いてもう少し艶を出す予定。

TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52

主翼と尾翼を組み立ててある程度形になった。

TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52TAMIYA 1/32 ZERO TYPE52

戻る(RETURN)